ある学生の自由課題

自由課題とは、自ら設定し達成する課題のこと。ニート志望だったある学生が、”テーマ”をもって”課題”に挑戦し、一歩ずつ変化していく…はず!

このブログ、なんなの?

どうも、やよいっちです!

 

偶然このブログを訪れてくださった方の多くが疑問に思うであろうこと、

「このブログ、なんなの?」 

もっともな反応だと思います(笑)

 

そんなわけで、まだ記事の数は全然多くないんですが、今回は自己紹介やこのブログの目的、方針について書こうと思います!

 

このブログは一言でいうと、ニート志望だった大学生の僕が、ある成功哲学に従って、どれだけ変化していけるのかという挑戦のブログです。

 

ニートを夢みる僕の出会い

 

高校生ぐらいの頃からずっとこんなことを思っていました。

“辛いことを乗り越えたら成長するというけれど、成長してもまた新しい辛いことに出会う。成長しても人生で辛いことはなくならないならばなぜ成長しなければいけないのか

もっとも幸せな人生とは、そもそも辛いことに出くわさずに、やりたいことだけをやる人生なのではないか“と。

 

これには様々ツッコミどころはあるとは思いますが、当時の僕はそう思っていました。

 

昔に振られた彼女をずっと引きずり、浪人までして挑戦した第一志望には不合格。海外の大学に進学したり、様々な活動をしてキラキラしている元同級生たちと比較して、コンプレックスを感じる毎日。

逆に何もしてない大学の友達を見て、心の奥では少しバカにしているけど、冷静に考えれば自分はその人たちと何も変わらない。

かといって何かやってやろうという気概があるわけでもない。いつか変わるだろうと楽観的に考えても、変わる要素がない。“いつ、やるか?今ではないかな…”

やる気が、活力が、悲しいほどに沸いてこない。

 

大学生活の最初の方は、まるでギャルゲーのバッドエンドエピローグのように、輪郭がぼやけて背景に色の付いていないような日々を過ごしていました。

 

そんな中で、

“やはり理想の人生とは、尊敬されたいとかバカにされたくないだとか、そういう風に人の目を気にしたりせず(これが辛いことが起こる主要原因)、お金に困らず、ただ三大欲求をメインにしてやりたいことだけやる人生だな”

という考えが一層深まっていき、

“とりあえず働かないでお金が入る仕組みを整えて、おいしものとか食べて、基本は家でゴロゴロする生活がいいな”と思うようになりました。

 

つまりニート”を夢見るようになりました。

 

ところが、ある出会いを経て、変わらなければいけないと思うようになりました。

それは一種の成功哲学のようなもので、それに触れているうちに、徐々に、すこーしずつ、人生に対して前向きなやる気が沸いてくるようになりました。

 

どのくらい“徐々に”かというと、その出会いからこのような実践ブログを始めるまで約1年半かかりました。そのくらいです。(笑)

 

なぜこのブログを始めたのか

 

世の中には自分を高める情報がたくさんあります。ゴリゴリの自己啓発本から、ちょっとしたテレビのコーナーまで、人生を良くしたり生活を良くする知恵がさまざまな形で紹介されています。

 

でも、それらをどれほど活用できているのか、身につけることができているのか。

こうなれたら素晴らしいから実践してみよう!と思って一回だけとか、三日間だけとか試してみることはあります。でもそれではその知恵が身についたとは言えないですよね。

そうは思っても、多くのことは身につく前に、それを実践しようとしていたことすら忘れてしまいます。

 

例えば、『嫌われる勇気』というベストセラーがあります。

これを読んで僕は、“このように考えれば自分は変われるんだ!劣等感を克服できるんだ!幸せを感じられるんだ!”と希望を持ちました。

でも、これを実践し、変わることはできなかった。続かなかった。毎日忘れずに挑戦することができなかった。

 

そんなものです、だいたい。

 

どんな素晴らしい知恵でも教えでも、それが身につかなければ意味がない。

宝石屋ですばらしい宝石をみて、“これ欲しい!”と思うだけで終わるようなものです。

 

そうならないためには、日々実践に挑戦です。(ラップぽくなってしまいました笑

 

今回出会った成功哲学を本気で実践してみて、自分を変えることができるのか、いや変えてみせる!と一念発起してこのブログを立ち上げました。

 

このブログは、その成功哲学を“テーマ”にし、具体的な“課題”に落とし込んでおこなってみるという試み、挑戦なのです!この挑戦を通じて、その成功哲学を身につけて変化していくことがこのブログの目的です。

 

このブログの方針

 

これまで話してきた通り、教えから“テーマ”を設定し、具体的な“課題”をこなしていきます!

 

ここでは、どちらが先かというのはこだわらないことにします。

つまり“テーマ”ありきの“課題”設定もあれば、こんなことやってみたいという“課題”設定ありきの“テーマ”選択もあるということです。

 

ちなみに“課題”を、記事タイトルで“かだい”としているのは、単純に漢字だとなんだか堅苦しいからです(笑)

 

後最近は“課題”だけでなく“研究”ってのもやってみたいと思います。

テーマをもってあることを達成するのではなく、「これやったらどうなるんだろう」というのを実際にやってみて何かを学ぶという感じの。

 

最後に

 

大学生活は、「人生の夏休み」なんて言われますよね。

夏休みといえば、思い出されるのは「自由課題」じゃないでしょうか。「自由研究」とも言いますが。

 

大学生活という人生の夏に出された宿題、「ある学生の自由課題」をひとつひとつこなして、休みの終わりに成果を出していけるよう頑張ってまいります!温かい目で見守っていただけたら幸いです!(なお2017年6月3日現在も読者0人の模様)