ある学生の自由課題

自由課題とは、自ら設定し達成する課題のこと。ニート志望だったある学生が、”テーマ”をもって”課題”に挑戦し、一歩ずつ変化していく…はず!

かだい5:毎回1回戦負けの僕が3位入賞を狙う ~知恵をもって倍増!~

f:id:yayoitti:20170611042756j:plain

どうも、やよいっちです!

 

僕は中学の頃から剣道を続けていますが、ずっとだらだらやってきたため経験年数の割にほんっとに弱いです(笑)

だいたい個人戦では一回戦負け。勝っても2回戦以上は進まないという・・・

 

そんな僕ですが、ここで一念発起して、大会で結果を出したいと思うようになりました!

試合はだいたい一か月後。そんなに時間はない。なので今回のテーマを発表します!!

 

知恵をもって時間倍増!

 

です。

 

 時間倍増?

 

これ、個人的にはなかなか面白い考えだと思います。

毎日普通の人より3時間早く起きたとしたら、他の人よりどれだけ長く生きたことになるでしょうか。1年続けたら1か月半、10年なら1年3か月分多く生きたことになります。

でも、20歳を超えてくると1年の差ってそこまででもないですよね?(現役と一浪がそこまで変わらないように)10年早起き続けて1年しか変わらないなら、やはり“劇的に違う”とはいいがたいです。

 

もっと劇的に多くの時間を生きる方法、それは“知恵をもってやること”なのです!

“知ってやること、わかって行うこと”とも言えます。ある仕事もやり方や方法が分からないで色々試しながらやる人と、わかってやる人では圧倒的に早さが違います。

わかって早くやった人は、わからずやった人がわからずにさまよった時間の分長く生きたことになるでしょう!(遠回りにも意味がある!という意見もあるとは思いますがここではおいておきます)

 

つまり、知恵を持ってやることが、長く生きる方法だし、多くのことをする秘訣ということです。まさに同じ時間を過ごしながら、他の人の何倍もの時間を過ごすことになるのです。

 

これを僕の剣道に当てはめてみるとどうなるのか。

試合を1か月後に控えて(記事公開時点ではのこり2週間)正直時間も実力も足りなすぎます。でも結果は出したい。だったら時間を倍増するしかないじゃないですか!!

 

具体的にどうするのか?

 

誰が剣道における知恵を持っているのか。例えば道場の先生ですよね。当然ここから知恵を学びます。

他には理論を学びます。ちょうどネットに元全国区の剣士が理論的に剣道を教えるブログがあったので大いに参考にしたいと思います。

あとはネット社会の恩恵、ようつべです(笑) Youtubeには地域の試合から全国大会・世界大会まであらゆる試合が載っています。しかも!0.25倍速にしてスローにもできるという(どんだけ~)他にもYoutubeには7段の先生がレクチャーする剣道講座もあります。

 

こういったものから学んで、わかっても、実践しなければ実体にならないというか身につかないですよね。当然!稽古量も倍増していきます(笑

通常週2で練習していますが、残りの期間は出稽古などして週4でいきたいと思います。毎回学んだことをもとにテーマを決めて実践・反省・学習を繰り返していきます!

 

この一か月を何倍にもして、結果を出していきたいと思います!!!

 

6月10日現在

稽古量:5月第5週 2回

    6月第1週 4回

テーマ:「きわ」まで集中

    テーマを意識/継ぎ足のない面

    相手の目から目線をそらさない/継ぎ足のない面

    継ぎ足のない面/三種の面を使い分ける/相手の目から目線をそらさない

    体を前傾させない面/相手の目から視線を外さない

    手首で打つ(最後左手を引くイメージ)/“ため”を作って打つ

 

こんな感じで大会当日まで続けていきます。お楽しみに!